竹宮惠子作品で801◆16冊目◆

1風と木の名無しさん2011-05-28 00:05:26

竹宮作品を中心にそこから派生した諸々(OVA/TVアニメ/CDなど)を語りあいましょう。

・このスレでは原作と派生作品(アニメ等)がある作品を同列に語って問題ありません。

・竹宮作品全般スレです。独自のルールを主張する人は他のスレでどうぞ。

前スレ hhttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/801/1285841371/

2風と木の名無しさん2011-05-28 13:55:25

>>1

私に乙の強さがあったなら、全ての状況は変わっていただろう…

3風と木の名無しさん2011-05-28 15:10:45



にいさんも認めちゃえばいいのに。

>>1に乙しているってさ!

4風と木の名無しさん2011-05-28 18:27:44

>>1乙カレースープの味がするキスを食らえ!

前スレ最後の方のボナール×オーギュに萌えた。

オーギュの真価は受けでこそ輝くと思う。




628風と木の名無しさん2017-01-09 12:40:24

作者の結婚観探りとか下世話かつスレチ

書き込む前にスレタイと>>1見て

33風と木の名無しさん2011-06-09 04:09:37

変奏曲はでもあの音楽描写ゆえに

BLであることを辛くも逃れてるんだよ。

増山が表に出張ってこなければ名作で終わったはずなのにーにーにー。

35風と木の名無しさん2011-06-09 09:47:26

>>33

うん、ボブとエドナンの最初とその夜のアレくらいは、まあ取引としてありかなとも

思わんでも無いが、その後も延々と続いていたり親子丼だったりするあたりは

(しかもニーノから誘わせるあたりが)最低だと思ったな。

それとJUNEにのったウォルフとのアレも….ただアレは掲載誌があれだから

作者達による二次創作801だと思って読んだけど。

ただ、竹宮のクラシック音楽の知識は全て増山から学んだものなんだよな〜。

まぁ「ヴィレンツ物語」を801にするとああなります ってところなんだろうね。




37風と木の名無しさん2011-06-09 18:53:17

>>35

ウォルフとのアレは作者の関連本にも何度か収録されているから

作者は気に入ってるんだろうなぁ

だけどウォルフがあんなにあっさりボブに許すなら、

エドナンの報われない愛は一体何だったのw

38風と木の名無しさん2011-06-15 10:40:52

>>37

そもそもエドナンは肝心の時に意気地なし(練習中にウォルフが発作おこした時、

ガクブルで何もできなかった)だから、絶対に最後迄行く事はできないよ。

それに神聖視している相手には無理でしょ。

54風と木の名無しさん2011-07-03 09:55:30

ただ、オーギュストは、学院で学生やってた時代「裏番」だったから、

セクシャルなものとは無関係に支配的立場には立ててるんだよね。

「金持ちの家の子」だからだけではない迫力はあったと思う。

アスランからの見た目では、オーギュストは小柄だけど迫力があったそうだから。

時代が下るとはいえ、同様に「綺麗な顔」「金持ちの家の子」「成績優秀」な

ロスマリネは、不良どもにリンチされる計画を立てられてる。

(ジュールと不良どもとの裏取引で阻止)




64風と木の名無しさん2011-07-03 23:58:05

>>54

>アスランからの見た目では、オーギュストは小柄だけど迫力があったそうだから。

それを言うなら、セルジュは自室でジル待ちのロスマリネと遭遇した際

「凄い迫力」と言っていたけど

58風と木の名無しさん2011-07-03 14:49:09

その二つって結局同じこと言ってないか?

もっと言えば、単にマリネが心惹かれてるというだけじゃなく、

それによってマリネが変わってしまいつつあるという状況が

ジュールには気に入らなかったんだろうと。

60風と木の名無しさん2011-07-03 15:16:59

>>58

ロスマリネに「僕だけ守ってやれる(孤高の)王子のままでいて欲しかった」

なのに、セルジュが、どんどんロスマリネの閉じた心を開いて行く ってところか。

66風と木の名無しさん2011-07-04 00:31:05

>>64

そりゃあ「生徒総監」としてのロスマリネに遭遇したからだよ。

あの場面でのロスマリネは、一人の人間としてのロスマリネじゃない。

例のセルジュが素っ裸にむかれた事件の後、悪夢にうなされてたのは、

セルジュじゃなくロスマリネだったけど、その悪夢から起こしてもらった

ロスマリネは、生徒総監としてじゃなく一人の人間として、セルジュと会話してた。

67風と木の名無しさん2011-07-04 01:05:18

>>64の場面を読むとなぜか、

「帰宅してドアを開けるとご近所の高級猫が勝手に部屋に上がり込んでいて

偉そうにでんとベッドを占領してた」 みたいな光景に変換されるのは私だけでいい

>>66

深いな〜

68風と木の名無しさん2011-07-04 07:31:49

>>67

脳内で、風木キャラが、全員ぬこキャラで変換されてしまった。

ジルはもともとぬこっぽいキャラだし。

296風と木の名無しさん2013-01-19 00:54:53

セルジュ→セルゲイはまだいいとして

ジルベール→ギルバートはキャラ崩壊レベル

297風と木の名無しさん2013-01-21 18:28:34

>>296

セルゲイもなんかやだよw

314風と木の名無しさん2013-05-21 06:14:10

ベルばら好きだけど新作の記憶は頭から消去したくなったので

今更新作読みたくないです…

317風と木の名無しさん2013-06-02 10:43:42

24年組近辺作品を801思考で語るスレ(801サロン)

hhttp://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/801saloon/1369657188/

338風と木の名無しさん2014-01-19 12:09:53

過去スレでも言われていたと思うが、

ペールがもっとイケメンだったら

ペール×オーギュがどれだけ盛り上がったことか…

350風と木の名無しさん2014-02-25 10:50:43

セルジュに萌えたんだが本人がジルベール大好きすぎてどうにもできない

二次創作だから好き勝手すればいいんだけど

個人的にジルベール以外に行ったらもうそれセルジュじゃない気がするし

ジルセルに走れたらすごいツボだと思うんだけど、

ノリノリでセルジュを攻めるジルってもうそれジルじゃない気がするんだよ…

いっそモブセルやろうかとすら思ったけど

性格的にモブ相手に、悔しいでも…みたいな反応はしてくれなさそう

モテモテなのに受け専しか眼中にないキャラに萌えるってフラストレーションが半端ない

ガチ腐女子なのに801的な妄想ができずに

とりあえずほのぼのお菓子でも食べてるシーン妄想して心のお茶を濁してる

352風と木の名無しさん2014-03-09 15:32:10

>>350

ジルにセルジュを攻める強さがあったら

全ては変わっていただろう——

483風と木の名無しさん2016-11-07 05:07:28

余計なことだけどそういうくだらんことにも読者は興味が湧くものだと

時代としては明治後期くらいでまだランプなどだった頃

日本だと下着はなかったらしいが

ヨコハマ物語と言う名作もあるから比べてみるとおもしろいかも

マリコとウノの同時代にジル達が生きていたと思うと感慨深い

485風と木の名無しさん2016-11-07 16:57:08

>>483

>日本だと下着はなかったらしいが

いやふんどしぐらいあったよね?

486風と木の名無しさん2016-11-07 18:02:57

ふんどしあったよ

「新しい下着だ!まだ一度もそでを通してない!」って

ユニオンスーツを着せるセルジルとか美しくはないけど微笑ましくてこれはこれで悪くない

495風と木の名無しさん2016-11-09 18:34:57

なにごとも…と言いつうオーギュ(と監視役任されたロスマリネ)って結構ぬけてるよね

その小物感が魅力でもあるんだけど

もしアーネストの無理心中が成功してたらどんな反応したのかな

539風と木の名無しさん2016-11-30 21:26:55

しかしあくまで彼自身は受けなので実際に現場に残っているブツは

攻め共のモノであるという

ブロウ、その他のデカブツ達の

(セルジュのはないだろうけど)

543風と木の名無しさん2016-12-01 09:43:58

>>539

一読して意味がわからなかったけど

つまり受けはブツを発射しないと思っているのか

性別:受けってやつか

544539じゃないけど2016-12-01 22:54:38

>>543

うん?

ジルがセルジュとパリに逃亡して、ボナールに助けられた時があったでしょう。

そのとき、ボナールがルノーに語っていた、ジルに関する言葉から、ジルの体って

あの時点でもまだ子どもだったんじゃないのかな。

あなたの文章から言葉を借りると、ブツを発射できるほど成熟してない。




558風と木の名無しさん2016-12-07 00:06:27

地球へのアニメが放映されてた時に二次創作で

セルジュの恋人で普通に働いてる大人なジルとかいうパロディいくつか見たな

563風と木の名無しさん2016-12-07 22:37:53

ただイケ扱いや詩をコピペ改変されていじられるオーギュ

火傷を負った美少女アンジェリンに優秀な整形外科を紹介したエピソードが広まりネット民が掌を返してくれるかも?

経済的自立に加えネットで注目されてるおかげでペールの接触が消極的になりむしろありがたかったりして

>>558

切実にその頃にハマりたかった…

詳しく…は聞けないけどそんな二次創作があったという話だけでもなんとなく癒やされた

565風と木の名無しさん2016-12-08 17:05:03

>>563

メインカプの周囲にいるサブカプ扱いだったけど

普通に店員やってたり医者やってたりしたよ

ジルってあの短気さえどうにかして庇護のいらない歳になれば

頭もいいし普通に強かったんだろうな

568風と木の名無しさん2016-12-08 23:55:32

>>565

オーギュの蔵書から読み書き覚えたから芸術系文系よりかと思ってたけど

更生中の学園生活で楽しそうに顕微鏡のぞいてて意外と理系もいける口なのかなと思ってたから医者ジルもありだなぁ

アニメ地球へにジルが出てなくてもセルジュの相手はジルって人がいたことがなにより嬉しい

教えてくれてありがとう




572風と木の名無しさん2016-12-09 18:38:28

>>565-566

私が買った薄い本のジルは、確かに医者だが、法医学方面。

ギャップ萌え。

それにしても、たしかに、地球へ… の原作は、キース側(体制側)のキャラは

テレビアニメオリジナルの二人を除いては、全部風木から持ってきていたね。

竹宮作品ではないが、サイコパスシリーズなんかにジルがでてきても、それなりに

職業がもらえるんだろうなぁ。

573風と木の名無しさん2016-12-09 18:44:56

>>572ですが

すみません。訂正です。

「原作は、(中略)キャラは」の後に「人数がとても少なかったので」がはいります。




601風と木の名無しさん2016-12-31 15:47:01

学院の面会日、

何を見ている?とのオーギュの問いに対し

ロスマリネが

「息子を持つ親たちの奇態、特に自分がこの世で一番

息子とつながっていると信じている母親たちを」と答えている。

ロスマリネは、

オーギュに対して

「あなたも母親からうまれたのでしょうね? オーギュストボウ」尋ねているが、オーギュは無言のまま。

オーギュと言う人物の闇の深さを感じる。

604風と木の名無しさん2017-01-01 02:50:49

>>601

作者がそういう思考なんだと思うけど

一連の竹宮作品見ると日本が舞台でも母性ある温かい家庭の話がほとんどなく

現代教育社会の暗部ばかりが強張されている

オーギュそのものの意見というよりもまだ若い当時の気負っていた非婚主義の

作者の意見に感じる

夏への扉の娼婦に憧れるように少し凡庸な家庭ごっこに偏見があったのかも

635風と木の名無しさん2017-01-10 13:18:53

私服登校に目を瞑られてることで多額の寄付金は誰の目にも明らか

それを傘に着ればどの生徒にも上手に立てるから

あとはオーギュが都合いいように立ち回ればいい

本人も言ってたけど学生時代が1番充実ライフ送れてたね

637風と木の名無しさん2017-01-10 14:26:30

そういや、BSマンガ夜話で、この作品を取り上げたとき、漫画家さんの誰だったか忘れたけど、

「男性視点から見ると番長マンガだよね〜」と言ってたな。

確かに、セクシャルな面を「乱暴な生徒にジルを女がわりの性欲処理的存在としてあてがった」

と解釈しておけば、学院の生徒のヒエラルキーやら暴力沙汰やらの描写で番長マンガだわな。

アスランがリンチ受けた時代も、なかなか凄まじい暴力沙汰で。

これ、時系列に沿ってきちんと辻褄合わせて描いていったら、

なかなか凄いことになってただろうなぁ。

本編は全然801的じゃないよ。 番外編の「幸福の鳩」だけが801だよね。

あれがなかったら、ジュールがロスマリネに抱いている感情は

いつか追い詰めて破滅に追い込んでやる だと思ってたもの。

639風と木の名無しさん2017-01-10 15:25:08

>>635

なるほど、お金の力+立ち回りの巧さか

学院を嫌がっていたジルとは逆にオーギュは学院から帰りたくなかったかもね

休暇が近づいて配下のワルどもがウキウキと帰省の話題に花を咲かせる中

一人ブルーな顔をしていたかもw

>>637

ジュール自体がかなり複雑なキャラクターで本心がわかりづらいけど

セルジル駆け落ちの経緯を暴露してロスマリネを更に追い込むこともできたのに

黙っておくことを選んだのは、やっぱりロスマリネへの情がそうさせたのかなと思う




642風と木の名無しさん2017-01-10 19:36:24

ジュールってキャラが、作品に登場するのってわりと遅いよね。

連載中に、ロスマリネ以外にも学院で力のある生徒を出す必要があったんだろうね。

>>639

ジルとセルジュの駆け落ちに手を貸した経緯を見てたけど、

「僕はまだ生徒総監じゃないから」と、それを見なかったことにしてたよね。

単に学内のヒエラルキーの問題だと思ってた。

ロスマリネをオーギュストから守る為だとしたら精一杯の優しさなのかな…

確かにこの二人は妄想が膨らむ関係だね。

659風と木の名無しさん2017-01-16 11:56:45

ファラオの墓はナイルキアいなかったらすげーホモ萌え作品として自分の中の金字塔になりそうだったw

でもあの作品の中で好きなのがナイルキアとアンケスエンだから困る

ここだと基本風木で盛り上がってるけど、個人的にルキシュとか好きだったな

なんか受けの塊みたいなキャラだった

661風と木の名無しさん2017-01-16 16:16:30

>>659

ケーコタン作品は美少年が傷ついたりいたぶられたりするシーンが多いせいか

ガチの同性愛ものじゃなくても性的に見えてしまう

ファラオの墓美味しかったです

665風と木の名無しさん2017-01-16 20:04:19

>>659

ルキシュは大好きなんだけど自分の中ではノンケゆえの魅力なのが歯がゆいところ

フレイアがうっかり男になればワンチャン?みたいな

677風と木の名無しさん2017-01-18 14:04:04

>>661

ウエディングライセンスのルスとか好き

あとちょっとだけヤンデレ感増しててもよかったけど

662風と木の名無しさん2017-01-16 17:53:35

萩尾作品は、なぜか自分には面白さがよく理解できない。ポーの一族とか退屈で仕方なかった。

竹宮先生の作品は、人間が生きてるっぽくて好き。性的描写は、少年を描くときには必須だと思う。

セルジュが、友情を踏み越えてしまい、ストップかからなくなる感じ、良くかけてるなー、と思う。

663風と木の名無しさん2017-01-16 18:16:39

>>662

一言で言えば淡白で寡黙的

それがハギオ作品の特徴

そして饒舌、で説明過多なのがタケミヤ作品

友人同士なハズだのにまるで光と影のごとく好対照をなしている

タケミヤさんがいわば光(饒舌)、でハギオさんが影(沈黙)、と言ったところか…

どんなに暗い物語を描いたとしてもタケミヤ作品にはいつも明るさがあるので

重く陰鬱には感じないのだと思う

ネガとポジとのと違いのようにふたりがそれぞれ逆になることは絶対にない

とはいえ近年のハギオ作品は暗いながらもわかりやすくはなってきているけど

加齢とともに当人の中でなにかが緩和されてきているのかもしれない




664風と木の名無しさん2017-01-16 19:20:36

>>663

丁寧に教えてくださり、ありがとう!

そうだね、萩尾作品は何処か暗いというか、登場人物が過去にとらわれ過ぎている感じがして読みにくいと思うのかも、、。

竹宮先生の少年たちは、皆未来を見ていて前向きだね。ジルベールでさえ、自分の未来を真面目に考えて苦悶していた時期があった。




667風と木の名無しさん2017-01-17 00:36:33

>>665

ノンケなんだけどぶっちゃけティオキア相手に興奮するより

返り討ちにあって喘いでそうな雰囲気



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする