DARKSOULSIIIダークソウル3世界観設定議論・考察スレ21

1ゲーム好き名無しさん 2017-08-18 20:27:57

■公式サイト

hhttp://www.darksouls.jp/

■ダークソウル3 一次情報wiki

フレーバーテキスト等はこちらを参照してください。加筆修正もお待ちしています。

hhttp://seesaawiki.jp/primal_info_darksouls3/

■DARK SOULS Ⅲ 世界観考察wiki

hhttp://wikiwiki.jp/dark3/

※次スレは>>950が宣言してから立ててください

★次スレ作成時>>1の先頭に

と記載してスレを立ててください

■前スレ

DARK SOULS III ダークソウル3 世界観設定議論・考察スレ20

hhttp://mevius.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1495077913/ VIPQ2




3ゲーム好き名無しさん 2017-08-22 20:13:39

スレ間違えた

>>1乙

4ゲーム好き名無しさん 2017-08-23 01:30:09



>>1乙

読んだことなかったけどこんなイキったテキストだったのか

くそ雑魚スペルなのになぁ

6ゲーム好き名無しさん 2017-08-27 04:48:50

ダクソ1小ロンド封印の鍵が輪の都のシンボルっぽいのと

王朝見張りの裏切った狂小人が白くて

砂漠の小人の王達が黒い

シースと古竜の差異を意識してる?狂いの点でもシースと共通してる

10ゲーム好き名無しさん 2017-08-31 10:09:12

>>6

王様の色は単にゲール爺にヒャッハーされて血と土に薄汚れてるだけだと思う

24srwss 2017-09-06 08:34:42

また、ダミーデータに加えて、キャンセルされたコンセプトアートの中にも非常に興味深いものがあります。

<img src='https://www.artstation.com/passionrepublic

Fallen Seraphim:

Fallen Seraphim from the high heavens。

When an angel is corrupted、it will be banished from heaven and its halo、

face and sword are cursed by the blood of the innocent。

Its wings、once white and pure、are now broken and will rot to ashes for eternity。

 

堕落した熾天使:

非常に高い天上で墜落したセラフィム(熾天使)。

天使が堕落すると、天とその後光から追放され、

顔と劍は罪のないこれらの血で呪いをさせられる。

その翼は、かつて白く純粋たが、今は壊れて永遠材の腐食されていくだろう。

服で法王サリヴァーンが連想なりますね。

 

サリヴァーンとエルドリッチのコードネームを使用して、彼らが最初に今の他の人物だった情報を見ると、

本来の初期に現在のサリヴァーンの位置を占めたことが私の存在ではなかったかという思いがしますよね。

25srwss 2017-09-06 08:44:26

?1481271635

Queen Juniper:

a blessed queen who lived a respectable life until she gave life to a demon child who corrupted her soul、

controlled her mind and absorbed her life。

 

女王ジュニパー:彼女は彼女の魂を堕落させたデーモンの子供に人生を捧げるまでは尊敬受けた生活を送った祝福された女王であり、彼女の心は、操縦されて、彼女の人生は、吸収された。

 

ジュニパーという名前はダークソウル1 dlcで未来チェスターを通じて言及されたね。

彼女から怨霊のようなものが生まれる演出も気にですね。

?1481270931

Ashes of Harbinger:

also known as the Fifth Rider、

he was originally one of the horsemen of apocalypse whom was cast away when he went missing during the destruction of the underworld。

Since then、a few have seen him wandering among those waiting to cross、

stopping those that are not worthy to earn a second chance in rebirth。

 

前兆の灰:

5番目の騎手とも呼ばれ、

もともと彼は船頭の破滅の時道を失って失踪した終末の騎手のいずれかであった。

それ以来、いくつかのこれら交差するのを待って、人々の間で放浪する彼みたところ。

生まれ変わる二度目のチャンスを得る価値がない人を防ぎ線とする。

 

船頭の存在と生まれ変わる機会と…

そんなわけはないが、説明の

プレイヤーが死んで復活時に一定の確率で会う強敵のようではないかという気もしますね。

条件はnpc殺害や他のプレイヤー殺害の業が高い場合出現かな…

古典的なゲームで時間を超過あんな死神型の敵がたくさんナワトオトジョ。触れると一発で殺してしまう…

 

上記の堕天使もそうですし、

社長が本格的に介入しごととひっくり返してしまう前、

初期のダークソウル3は基督敎的な色彩が強くしたようです。

35ゲーム好き名無しさん 2017-09-07 14:15:42

没アイテムはデッドラインで消されたものもあるかもしれないから、場合によっては参考になるかもしれないが、

>>24 >>25 の流出時期は確かDLC1の前あたりで、その時点で公開していいというなら、仮にほんとに今作のコンセプトアートだとしても、かなり初期的な廃案じゃないかな

36srwss 2017-09-07 15:17:40

はい。私もそのコンセプトアートは、初期に廃棄されたと思います。

おそらくBloodBorneの製作を終えた宮崎英高さんがDark Souls3に参加する前のDark Souls3のコンセプトアートではないかね。

考察に大きな助けにはならないが、初期のDark Souls3を考えできるようにすることで興味深いと思います。 >>35




61srwss 2017-09-10 14:31:11

しばらく前にレイムの考察を作成することになり、知り合った知識であるが、中国での金色と赤の色で描かれたカラスは、太陽と孝道を象徴するとします。

レイムの凶鳥の指輪は金色と赤の色ですね…

hhttps://vignette.wikia.nocookie.net/darksouls/images/a/a1/Baneful_Bird_Ring.png/revision/latest?cb=20140904095956

レイムについて父性と母性が言及されてことを見れば、細心のデザイン設定という気がします。

94ゲーム好き名無しさん 2017-09-12 20:02:53

でも近親相姦なんて当然のようにやってる家系でしょ

95ゲーム好き名無しさん 2017-09-12 20:18:55

>>94

世界を創造した神の一族がそんなことしてたのが大問題なんだよなぁ

だからこそグウィンドリンのように秘匿されてたわけで・・

この設定で考察すればローリアンが火継ぎの王に選ばれなかったのも頷ける

そんなやつがロスリックの火継ぎの王の名に連れるわけにもいかないからな

98ゲーム好き名無しさん 2017-09-12 20:43:13

>>95

神様だからこそ近親相姦は「らしい」んだよ

人にとっては禁忌でも神様なんて種腹姉弟種腹親子なんでもござれが当たり前なんだから




97ゲーム好き名無しさん 2017-09-12 20:42:30

ローリアンは選ばれなかったんじゃなくて火継ぎを拒否して逃げ出した奴らだし

隠されたのはグウィンドリンじゃなくてプリシラだろう

103ゲーム好き名無しさん 2017-09-12 21:10:25

>>98

なるほどそうなれば人と神族の道徳概念のいわばズレが問題なのかもな

特に奇跡信仰は人間が多いから神様の一族がそんな事するとは思えんし

一番の問題はその神族が神話上の存在じゃなくて人々の生活や政治に関わって現存してるのも

が問題だろう

>>97

グウィドリンの下りは少しごっちゃになってしまったな

ただローリアンの方は拒否以前の話にロスリック家で

火継ぎの王として選ばれてたのは病弱なロスリック王子だったんだぞ?

普通だったら健康体で勇猛なローリアンが選ばれるはずだ




104ゲーム好き名無しさん 2017-09-12 21:15:10

>>103

そんな普通だったらとかはいいから双王子のソウル読んでこい

テキストに書いてあることが大前提だろう

114ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 00:32:29

>>103

近親相姦が悪だから神族は〜とかお前の願望じゃねぇか

ロスリック関係での考察ならわかるが神族云々とかアホかよ

106ゲーム好き名無しさん 2017-09-12 21:28:27

>>104

確かに薪の王たる二人の王子だって書いてあるけどエンマが火を継ぐことを望んでたのはロスリック王子だし

玉座にもロスリック王子ただ一人の名前しかない つまりロスリック王子が火継ぎの王で決定してたんだ

これ以上の裏付けあるか?

それにローリアンも薪の王と表現したのはロスリック王子と呪いで融合してたからじゃないか?

例としてファランも薪の王足らしめたのは不死の彼ら自体ではなく狼血だったと明言してる

115ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 00:57:21

は?王妃であろうグウィネヴィアはロスリック家と親密な関係にあるのは明らかだし

ロスリック考察においては重要な要素だろ お前こそ何言ってんだ?

そもそも近親相姦が悪じゃなかったら舌からませてきた自分の母親の舌噛みちぎって拒むわけないだろが

139ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 15:03:24

ロザリアのソウルから練成できる太陽の光の恵みのテキストに

母であり妻であったグウィネヴィア〜とあるので

母(生まれ変わりの母ロザリア)、妻(王妃)っていう考察の論拠になってるんじゃね

ただこのテキストはロザリアがグウィネヴィアに関連した存在だと言っているだけだから

ロザリアとグウィネヴィアが同一の存在とする証拠としては少々弱いか

141ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 16:15:07

>>138

クリムトは信仰を捨ててロザリアについたという描写があるから、ロザリアは後から聖堂に来た

聖堂の女神は別の存在じゃないかな

このスレの過去ログ見る感じクァト及びベルカあたりの可能性が高い

絵画世界ともつながりあるみたいだし

王妃がやったことって良い方向に描かれてるけど要は全て火継ぎの準備なんだよね

無縁墓地に灰のための指輪を置いて、火継ぎ資格者のロスリックを生み出して、と

無縁墓地はルドレスも知ってるから火継ぎをした頃のルドレスと王妃が何かしらの画策をした感じ

>>139

むしろ「母であり妻であった」を文字通り近親相姦と解釈すると

オスロエスを発狂させて萎えたロスリックを生み出したロスリックの血の営みと一致する

グウィネヴィアが生まれ変わりでロスリック王妃となり自分の息子と近親相姦を繰り返し

ロスリックが生まれた頃に正体がばれ、深みの聖堂に追放された後にロザリアと呼ばれるようになったとすれば

全てのつじつまが合う

ロザリアがあの場所でロザリアの指に崇められて生まれ変わりを行ってるのは確かに最大の謎だな…

何がしたかったんだろうあの人

140ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 16:02:29

モチーフくんの次は母子相姦くんかぁ

143ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 17:13:46

>>138

あー・・ どこから突っ込めばいいの分からんがまず第一にロスリック王妃が

そのグウィネヴィアの子孫だと思わせるテキストは一体どこにある?

そこら辺をはっきりさせないとただの妄想で終わらされるぞ

そもそもグウィンドリン1から遥か時がたった今作まで存命だったわけだし

レオナールがロザリアのソウルをグウィネヴィアの寝室まで運送してた意味が分からんぞ

そして第二に少しテキストを読んで復習してから話に入ってくれ

妻である王妃が旦那のオスロイエスを産んだってどういうことだよ

そりゃオスロイエスも発狂するわ

>>140

レッテルマン先輩ちっーす!

今日もラベル貼りで忙しそうすっね!

モチーフ君って誰だよ いきなりしらねぇネタ持ち出されても反応に困る

あと母子相姦じゃなく近親相姦だ 二度と間違えるんじゃねぇクソ野郎

148ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 18:28:33

もっと言うと

グウィネヴィアがその聖女に分け与えた程度の力が太陽の光の癒しと恵みで

踊り子やロザリアは本人のソウル錬成がそれ

王妃の実子ともあろうものが使うのは下位互換の光の恵み

兄妹の太陽の長子は太陽の光の力をまだ使ってるしフィリアノールもとんでもない魔法使ってるしと考えるとやっぱりあれらは分散した力のカケラじゃないか?

グウィネヴィアが何かもらった灰結晶の指輪墓に置いておくねとかやってる図想像するとあんましっくりこない

というか大体神族度マックスな大王の一親等な女が子供産めるなら血の営みとか要らないだろ

151ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 19:59:33

>>143

ほんとぉ? 俺の場合今回指摘されるまで発売当初からオスロイエスで空目して

エスロイエス関係者だからとずっと思い込んで全く疑問に思わなかったけど

そっちの場合はちゃんとどの人物の名前か覚えてればコメント投稿する前の確認で一目で気づくミスだよね?

まぁ今回はおあいこという事にしよう それが丁度いい

>>148

確かにそれは大いなる疑問なのは間違いないがグウィネヴィアを

連想させるオスロエスの妻ロスリック王妃と生まれ変わりの母ロザリアを登場させて

太陽の光の癒しのテキストに「母であり妻であったグウィネヴィア」とこれでもかとわざわざ明記してる時点

もはや確定してるようなものだがな 踊り子より奇跡が下位互換なのは同じくそのテキストにあるように

戦士に広く分け与えたと書いてあるから自分のみを顧みずに弱体化してしまった可能性もある

そしてグウィネヴィアが墓に指輪を置いていく様にしっくりこないのは当たり前さ

何故ならキャラクター作成にもあるように副葬品として遺体と共に指輪も葬ればいい

グウィネヴィアだったら誰か亡くなる度に律儀に葬式に参加しても不思議ではないからね

血の営みについては前レスにもあるように神族間の交わりはよくあることだから

不思議ではないと言われてるしそれを差しているのでは?と思われる

ただ主張したいのは血の営みが3辺りに時代が下るにつれて悪という考えに変わってしまい神族の権威が

失墜したんじゃないかとおれは睨んでいる




149ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 19:28:19

瞬間凍結のテキストによると絵画を去ったサリヴァーンはまだ何も、失ってさえいなかったらしいが

サリヴァーンは法王となり何を失ったんだろうか?

暗月の法王になり罪の火を手に入れグウィンドリンをエルドリッチに喰わせ、アノールロンドを征服した

何もかも望むがままに全てを手に入れたように思えるんだが・・・

失って「さえ」という表現も結構引っかかるところがある

150ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 19:50:10

>>149

あれは忌み人とサリヴァーンの立場の違いじゃないか

絵画世界は居場所を失くした忌み人のための場所であって

最初から絵画で生まれ育ったサリヴァーン自身が何かを失ったわけではない

だから絵画は彼がいるべき場所ではないのだと気付いて故郷を去ったんだと解釈してる

なのでその後サリヴァーンが何かを失ったという意味は込められていないと思う

154ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 22:42:30

その子はお母さんとセックスがしたいだけだからあんま虐めんといて

156ゲーム好き名無しさん 2017-09-13 22:58:34

今しがたレオナールイベントとやったんたがロザリアが女神だと裏付ける要素がもう一つあったわ

レオナールと戦う際あいつ「女神の騎士レオナールの名にかけて!」言ってるわ

もう完全に確定でいいだろこれ

>>153

最初に間違えて癖に往生際が悪い奴だな それじゃあ女にもてんぞ

それにオスロイエスで一貫はしてないぞ 指摘された後ちゃんとオスロエスと訂正してるからな!ハッハ!

>>154

できるわけがない馬鹿も休み休み言え そんなもんガキの頃からいねぇよ

まぁ今となってはそんなことどうでもよいことだ




210ゲーム好き名無しさん 2017-09-24 09:44:33

不死人→亡者化する→誰かが火継ぎした後に完全に死ぬ

残った遺体が風化して遺骨(遺灰)と遺品が残る

鐘ゴンして薪の王叩き起こしたけど、バックれられた

ソウル回収システムが作動し遺骨(遺灰)から主人公や使命が強い奴らが復活

身体は遺灰でできた人形状態(?)

肉体がないから死んでも人間性は欠けないし亡者化しないけど、遺骨に不死人の呪いが付いてて死なない(呪われた灰?)

225ゲーム好き名無しさん 2017-09-26 02:01:57

ダークソウルの呪術という呼称ができた話を知ってるなら、そんな疑問が湧くことすら不思議

229ゲーム好き名無しさん 2017-09-27 00:13:49

自分は解っているアピールはしつつ内容そのものには触れないその姿勢

君はまさか・・・

231228 2017-09-27 01:41:50

>>229-230

あ、もしかして俺に言ってる?

俺は>>225が公式にそういう設定があるって口ぶりだったから「どんな話?」と聞いただけよ




233229 2017-09-27 21:35:08

>>231

>>225のことです。安価つけりゃよかったね

235ゲーム好き名無しさん 2017-09-29 00:18:53

西洋ファンタジーだけど実は東洋元ネタ多いんじゃないかという話はあるな

248ゲーム好き名無しさん 2017-10-05 23:05:55

闇の時代になっても不死人が結局亡者になるならそもそも人間に不死性もダークソウルも必要ないでしょ

287ゲーム好き名無しさん 2017-10-24 22:45:27

お嬢様が描いた絵が差異の無い火のおこる前の世界って考え見かけて面白いと思った

延々とループし続ける螺旋状の世界観って感じで

289ゲーム好き名無しさん 2017-10-26 00:50:04

>>287

そう考えることもできるけど、個人的にそうであってほしくないな

ずっと火の因果に囚われてきたのに結局何も変わってないというか・・・

あの病んだ世界が最後の最後で「次」を紡いだって考えるほうが物語を感じる

というのも闇は「可能性」の象徴なんだと思う

光は最初から明らかに強大だけど、ある意味それ以上変化しない「限界」の象徴であり

グウィンも結局「今」を維持させることしかできなかった

一方で、闇の眷属である人は、良くも悪くも何者でもなく

環境や経験ひとつで様々な在り方に変態(影響)してしまう

何故人は誰も自分のオリジナル(小人)を知らないのか

それは彼が人の全ての可能性の始まりだからだろう

彼は持たざる者だったのかもしれないし

他の王みたいな強者だったのかもしれない

でも全ては闇の中、灰の霧の中と同じで観測されないんだ

最後に残った史実は、闇のソウルから始まった「人」という可能性が

次の世界のための火と闇をもたらしたということ

最強のグウィンが始めた物語は、最弱 ‘だった’ 小人が紡いだ

290ゲーム好き名無しさん 2017-10-26 06:35:59

小人って言う割には輪の騎士でかいよね

321ゲーム好き名無しさん 2017-11-17 18:15:51

火が差異の始まりだとするなら、もしかしてあのソラールさんが言ってた世界のずれもそこからなんかな?

そうするとあの古竜討伐部隊はみんなサインで時空を越えて協力した…かも…

325ゲーム好き名無しさん 2017-11-18 21:21:04

>>321

差異をもたらした最初の火、その炉の近くでこそ世界がズレ、重なるというのも面白いね

火によって明るく照らし出された世界が、火の近くでこそ揺らめくというのも解らんではない

>>322

「神話」のある神々って大抵そうじゃないかね

ギリシア神話だって日本神話だって

キリスト教の神だって「私は嫉妬深い」とか言っちゃうしね

現代のTRPGの神なんかは一応ゲームしやすいよう正義の神と悪の邪神に分かれてたりするが

335ゲーム好き名無しさん 2017-12-03 18:57:11

なぁ再確認みたいなものなんだがダークソウルの世界が滅びゆく理由は数百年に及ぶ干ばつが

原因でその大元になった事が嵐の王&無明の王討伐が発端という事でいいのかね?

348ゲーム好き名無しさん 2017-12-04 12:32:13

神はブラボでいう悪夢みたいなの作れる力持ってるのかな

異空間みたいなものなのか、あるいは周囲に影響を及ぼすか

隔絶された絵画世界とか輪の都とか、古竜の頂とか、月蝕の起きたアノールロンドとか

太陽の長子も見た目からして絞りカスみたいになってるし雷攻撃の威力も何かショボイしで、世界をどうこうする程のソウルとかは全く無くて古竜の頂を晴天に維持することしか出来てないんじゃないかな

グウィンは初代薪の王として莫大なソウルをはじまりの火に焚べてるはずだからあいつが受け継いだ大雷ってのがそもそもそうでもないものなんだと思う

351ゲーム好き名無しさん 2017-12-05 00:02:26

>>350

>>335-336

>>348はおそらく雨雲とか関係なく

ロスリック城突入後のような異様な空にならないことを指して晴天維持という言葉を使ったのだろうが

直前の話のおかげでその続きと思われてしまったのだろう